女性

コエンザイムQ10で毎日をイキイキと過ごそう

サプリを活用

親子

ビタミンは健康には欠かせないものです。栄養素としては、野菜やフルーツなどに多く含まれるイメージですが、もちろん肉や魚にも多く含まれています。ビタミンは、人間の身体の中でつくることができない成分です。そのため、食べ物や飲み物などから積極的に取る必要があるのです。太陽を浴びることでも、つくることができるものもあります。ビタミンの種類は、大きく分けて、水溶性ビタミンと、脂溶性ビタミンに分けることができます。水溶性ビタミンは、水に溶けやすい性質なので、たくさん摂取しても、尿などと一緒に体外に出ていきます。一方、脂溶性ビタミンは身体に蓄積されていくので、過剰摂取には注意が必要です。ビタミンをバランス良く摂取して、健康づくりに役立てていくことが重要になってきます。食事のメニューには最低でも5種類の野菜を入れることが望ましく、1日に300グラムの野菜を食べることが求められます。緑黄色野菜は300グラムのうち100グラムを目安に取るようにしましょう。しかし、ビタミンは、熱に弱かったり、水に流れてしまったりと、食べ物に含まれるビタミンのすべての栄養素を摂取できるわけではありません。特にビタミンCは約半分程度に減少してしまうといわれています。そのため、食品成分表よりも少なくなってしまうことを考慮に入れて、計算をしなくてはいけません。そこで、サプリメントなどを有効活用して、ビタミンを摂取することをおすすめします。忙しく理想的な食事が取れない場合にもサプリメントを併用することは有益だといえます。